葬儀の花

葬儀に用いる花は、白色が基本となっています。白い菊やラン、ユリの花などが一般的です。白以外でも、淡い色ならどんな人が見ても場違いな雰囲気にはならないでしょう。
最近では葬儀でも、故人が生前好きだったという花を、色に関係なく飾るという光景も見られます。

葬儀の際には、こちらが用意した花を飾るだけでなく、供花として渡される花を飾るという場面もあります。ここで飾り方を心得ていないと、間違った飾り方をして参列者に不快な思いをさせるということもあるので注意が必要です。

故人と生前関わりが深かった人から、故人の側へ優先的に飾ります。葬儀の際は、棺や遺影、位牌の近くからになります。

さらにいうと、故人との関わりの深さだけでなく、飾り終えてからの見栄えにも気を配りたいものです。ここまで来ると、手慣れない人には難しい作業となってしまうので、年配の手慣れた方にお任せするのが良いでしょう。

花輪は屋外に飾りますが、玄関に近いほど上位となります。


葬儀場を見つける時にこちらの葬儀 横浜サイトは使えるんです。ココで詳しい情報を調べて他の業者とも費用やサービスの面で比較してみましょう。



更新情報・お知らせ

2012/03/16
葬式に使う供花更新
2011/01/04
葬式に使う供花を更新。
2011/01/04
花は持参しないを更新。
2011/01/04
花輪の飾り方を更新。
2011/01/04
葬式に使うお花を更新。
2011/01/04
ホームページリニューアル
葬式に使うお花| 2011年11月08日

サイトメニュー

おすすめ関連サイト


ひまわり会
「もしもの時の安心サービス」

コープ生協のお葬式
「誰もが知ってる生協でのお葬式」

小さな火葬式
「追加料金が発生しない」